前へ
次へ

賃貸マンションにドラム式が置けない可能性

洗濯機のタイプとして良く知られているのが縦型全自動タイプです。
洗濯ものは上から入れ、洗濯物の量によっ

more

賃貸マンションの契約の壁になっている審査

賃貸マンションは、初期費用を支払い毎月家賃を支払う事ができれば住むことができます。
しかし、誰でも入居

more

賃貸マンションは好みの収納があると使いやすい

賃貸物件としてはアパートと呼ばれるタイプがあり、六畳一間四畳半一間などがありました。
収納として押し入

more

賃貸マンションでバストイレ別でも問題がある

賃貸マンション選びで譲れない条件の一つとしてバストイレ別があります。
ワンルームなどではスペースの効率利用のためにユニットバス、つまりはバストイレ洗面に仕切りがないタイプがあります。
一人で使う分には大きな問題はなく、換気をきちんとしておけばお風呂の湿気がトイレに残り続けることもありません。
ただ少なからず湿気が洗面やトイレに来るのでせっかくならトイレが別になっている物件を探し直す人もいます。
賃貸マンションで同じ間取りでバストイレ同じと別では賃料では同じの方が安くなるでしょう。
それ以外にトイレが別の物件は壁と扉が余分に必要なのでスペースがギリギリに作られています。
トイレになると入ったらすぐに便器があり、用を足すときに扉を閉められないこともあります。
一人暮らしなら開けていてもいいのでしょうが、訪問者が来たときには困るかもしれません。
内見をするときにトイレに座ってみて、扉を閉めたときにどうなるか確認しておきましょう。

Page Top